精神科・内科・漢方内科クリニック

佐瀬医院

9:00~17:00
休診日:水・日曜、祝日、土曜午後

海神駅徒歩5分 Access

「からだ」のブログ

NEW!第7回『みんな栄養不足』

「からだ」のブログ 

腸内細菌を学んでいってびっくりしたことは、

普通にコンビニ使って普通に外食して、気にせず生きている人は、

「みんな栄養不足」ということです。

そしてほぼみんな、文明病ーアレルギーや自己免疫疾患に必然的にやられちゃってるということです。

こんなに飽食の時代なのに!

と思いましたが、飽食の時代だから栄養不足になってしまったのです。

 

私たちの何が飽食って、

糖分は間違いなく飽食です。

添加物ーというか、体でなかなか分解できない人工物も飽食です。

それに比べてビタミンミネラルはとっても減っちゃいました。

野菜自体のミネラル分も減ってしまったし、

外食する野菜は、保存が効くように徹底的に洗浄されるので水溶性のビタミンが

抜けてしまっています。

下茹でされてたら、ミネラルもおさらばです。

そんなこんなで、太ることを気にする若い娘さんは、ほぼ栄養失調です。

都会に住んでる限り、誰も人ごとではありません。

エライコッチャ!!

 

問題は保険で調べられる検査に、こういったミネラルやビタミン検査が

乗っかっていないこと。

検査しようとすると自費なのでとても高くついてしまいます。

健康診断にも入っていません。

現代医学は(今までの私も)病気を抑えることばかりに目がいって、

予防することには向いていないのです。

 

ここはそれぞれが関心を高く持って、自衛するしかありません。

「自分の体は何が足りなくて、何がだぶついているんだろう。」

そんな視点から健康を考えてみるのもいいかもしれません。

 

「これを食べたら良くなる。」とか、

「これを飲んだらいいんだ!」とか、

そんな情報が溢れて訳わかりません。

基本的なところでさえ、

卵は食べたほうがいいのか悪いのか。

肉は食べたほうがいいのか悪いのか。

小麦や牛乳はとっていいのか悪いのか。

一律の答えではなく、自分にとってどうなのかを個別に判断する必要がございます。

遺伝子も環境も、一人一人の体の代謝状況も違うのに、みんなを一律に推し量ろうとすることに無理があるんです。

 

健康もオーダーメイドの時代に入ったんです。

「世の中」の基準に合わせるのではなく、

「私」の基準を見つけに行く。

オーソモレキュラーという栄養学に、その答えがあるかも知れません。

ページトップへ戻る