精神科・内科・漢方内科クリニック

9:00~17:00
休診日:水・日曜、祝日、土曜午後

海神駅徒歩5分 Access

Facebookを御覧ください

「からだ」のブログ

第8回『オーソモレキュラー医学とは?』

「からだ」のブログ 

自分の腸がボロボロだということに気づき、

未だ自らを修復中の私ですが、従来の医学で治しているわけではございません。

というか、従来の医学では本当には治せないことを知り

(だって今度は抗真菌剤のむの?イタチごっこでしょ。)

新しい医学を学びなおしている今日この頃です。

その学問をオーソモレキュラー医学というらしいんです。

 

分子整合栄養医学などと日本語では小難しい感じになりますが、

『1968年にノーベル賞を2回受賞した科学者ライナス・ポーリング博士と

精神科医エイブラハム・ホッファー先生によって創出された学問』

であり、決して新しい概念ではないのですが、長い間認められず(むしろ今でも)

それでも徐々に関心のある人々の間で広まり、水面下で大きな潮流になっている学問で、

関心があれば医者でも誰でも学べるし、学んだ人はむしろ熱狂する傾向にあります。

自らを治せるからです。

私なりに申し上げると、

「自分の身体のそれぞれの臓器にあるそれぞれの細胞が最適に活動できるように、

その臓器の細胞に必要な栄養素を整え、不要なものを排除することで機能を回復させ、

自分の体を自ら修復できるようにする学問。」

てな感じです。

機能性医学とも言われてきているようです。

難しいかもしれませんが、「本当に良くなる。本当に治る。」学問なら、

私も死ぬ気で追いつきたいと思います。

ああ、なんであと5年ぐらい早く知らなかったんだろ。

なんて思ったりします。

 

どうしても修復の過程でサプリメントを結構飲むので、批判されたり、

商売がらみの先生もいないこともないようなので、ここはしっかり学んで

飲むなら納得して治療する必要がございます。

薬からサプリに変わっただけじゃないか、なんてなったら馬鹿馬鹿しいです。

 

そのためには常識と思っている食生活を変えなければいけません。

その常識が、病気を招いているからです。

白い砂糖は毒。

マーガリンも毒。

カップラーメンも毒分類です。

 

「なんで。」と思って勉強しこの理屈が頭に入らないと、結局食事が治らないので、

治る体を手に入れることはできません。

私みたいに癌になって気づく前に、皆さん自分を治しましょう。

ページトップへ戻る