精神科・内科・漢方内科クリニック

9:00~17:00
休診日:水・日曜、祝日、土曜午後

海神駅徒歩5分 Access

Facebookを御覧ください

「こころ」のブログ

ここでは、こころやからだについて、院長が毎月メッセージを送ります。

第18回『いいんだ。』

「こころ」のブログ 

「いいんだ。」

 

2019年になり、この言葉を新しい年の合言葉にしてみようかなと思います。

 

「いいんだ。」

こう呟いてみて下さい。

どんな感覚がしますか?

なんだか、ホッとしませんか。

 

あなたはどんな「いいんだ。」を呟いたでしょう?

 

「辞めたっていいんだ。」

「断っていいんだ。」

「恥ずかしがらないでいいんだ。」

「好きにしていいんだ。」

「これでいいんだ。」

 

何を呟いたにせよ、そこには。「ねばならない。」「せざるを得ない。」という強制と緊張から解き放たれた安堵感があります。

 

自分には選択肢があって、自分で選ぶことが出来る。

自分で選んだ未来を歩くことで初めて、自分を愛し「これが私です。」と言えるのではないでしょうか。

 

「何したっていいんだ。」

そうです。

あなたの選択ですから、究極何したっていいんです。

「逃げたって、傷つけたって、恨んだっていいんだ。」

そうです。

常にあなたには自由があります。

 

逃げる時の気持ち、傷つける時の気持ち、恨む時の気持ち、その気持ちに注目して、その気持ちがあなたを幸せにするかか感じてみてください。

 

「立ち向かったって、受け入れたって、許したっていいんだ。」

立ち向かう時の気持ち、受け入れる時の気持ち、許す時の気持ち、どちらがあなたを幸せにするでしょう。

 

どちらにせよ、あなたが「いいんだ。」そう言って選んでいるなら、それはブラボーな人生なのです。

 

でももし、どこかで「できない。」というシグナルが来るなら、立ち止まってください。

「できない。」とは「選べない。」こと。

「選べない。」ということは、あなたが本当には自分の意志で生きていないということ。

 

誰からも、何からも強いられない、強いられていないということが何より大切なんです。

 

「いいんだ。」

100パーセント、自分を信頼しこう言い切って生きて行きたいものです。

ページトップへ戻る